【KODAK m35 レビュー&作例】1ヶ月使ってみた感想

カメラ

こんにちは! フィルム写真大好きみにこです。

KODAK m35が気になるんだけど、どんなカメラ?
どんな写真が撮れるの?

・どんな人に向いているカメラ?

上記の疑問にお答えします。

私はあの見た目の可愛さを、価格で思わずKODAK m35をポチりました笑

今回の記事では、KODAK m35が気になる方へ。
私が約1ヶ月使用してみた感想、どんなカメラか、作例と共にご紹介します。

1、KODAK m35 スペック

フィルムサイズ 35mmフィルム
使用電池 単4アルカリ電池1本
レンズ プラスチックレンズ1枚 単焦点 f=31mm
レンズ絞り F10 固定
撮影可能範囲 1m〜無限
シャッタースピード 1/120
重さ 100g (フィルムと電池抜いて)
本体サイズ 横114mm 高さ63mm 幅35mm

2、KODAK m35 こういう人におすすめ

・これからフィルムカメラを始めたい人

・フィルム一眼もあるけど、手軽にスナップを撮りたい人

では早速おすすめ理由と、どんなカメラなのかを見ていきましょう!

3、KODAK m35 特徴

3−1 KODAK m35 特徴① オート

KODAK m35は、絞りもシャッタースピードも固定なので、フィルムを入れてシャッターを切れば写真が撮れるカメラです。

フィルム一眼カメラのように、シャッタースピードや絞りなど設定しなくても撮れます。
撮りたいと思った瞬間にすぐにシャッターを押せば写真が撮れます。

写ルンですみたいなカメラと思って頂けたらいいと思います。

これからフィルムカメラを始めたい方に、気軽に始めれるフィルムカメラです。

また、普段フィルム一眼を使っている方で、もっと手軽にスナップしたい方にもおすすめです。

3−2 KODAK m35 特徴② 手軽さ

本体の重さが100gです。(電池とフィルムを抜いて)
フィルムと電池を入れた場合、画像のように122gです。

大きさも手のひらサイズくらい。

私はフィルム一眼も使いますが、フィルム一眼は重さと大きさ、手軽ではないので毎日どこへでも持ち歩いてはいません。

KODAK m35はとてもコンパクトで軽いので、いつもカバンの中に入れておけます。

ですので、普段はフィルム一眼を使っているけど、気軽にスナップをしたい方にもサブ機としておすすめです。

3−3 KODAK m35 特徴③ 内臓フラッシュ

KODAK m35には、単4アルカリ電池1本で使える内臓フラッシュがついています。

フィルム一眼の場合、フラッシュは大体の機種が外付けです。

内臓フラッシュ付きのKODAK m35は夜や室内でも、フラッシュがないと撮れないシーンも気軽に撮れます。

4、KODAK m35 使ってみての感想

KODAK m35を約1ヶ月、フィルム3本を撮りました。

私は普段、ガッツリ写真を撮りに行くぞって気分のときには、メイン機のライカ、ローライを使っています。

KODAK m35はサブ機として、どこかに出かけるついでに、とりあえずカバンの中に入れておくカメラとして使っていました。

用事での出先で、あ!と自分の関心をひく物にあった時にいつでも取り出せるサブ機として手軽に使えるなと思いました。

ガッツリ写真を撮りに行くぞ!っていう気分でない時、※1お写んぽ気分のときに緩くスナップできるとこが気に入りました。

※1 お写んぽとはTwitter上などで、写真好きな人が写真撮りにお散歩に行く事

5、KODAK m35 一点だけ気になった件

KODAK m35は価格、サイズ、手軽さ、申し分ないカメラです。

細かいかもしれませんが、一点だけ残念というか気になった点があります。

それは付属のストラップの取り外しができない。

付けたいストラップがあっても付けれない事です。

ですので、あの最初からくっついてくる、黒いダサい紐ストラップで我慢です。笑

気になった点はそこだけですね。

6、KODAK m35 作例

写真上手い下手はおいといて笑

KODAK m35で撮った写真をご参考までに作例として載せておきます。

使用フィルムはFUJI業務用100です。

7、まとめ

いかがでしたか?

KODAK m35はこれからフィルムカメラを始めたい方。

気軽なスナップをしたいサブ機を探している方。

幅広くの方に楽しめるお手頃なカメラです。

私はミントグリーンを選びましたが、色も3色あり、KODAKのオレンジっぽい黄色カラー、紫よりのピンク。

どれも可愛い色です。

フィルムカメラの選び方記事も書いています。
是非ご参考にごうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました