【モノクロフィルムを自宅で現像しよう!!】〜完結!現像編〜

フィルム

こんにちは! フィルム写真大好きみにこです。

モノクロフィルムの現像を自分でやりたい!

どうやってやるの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

フィルムの現像を自分でやると聞いたら、誰しも難しそう!大変そう!

って思うのが普通かと思いますが、実は自宅で簡単にできるのです。

これまで、現像に必要な物の記事、薬品調整記事がありましたが、

本記事では完結編!!

実際の現像工程を30枚の画像付きで解説していきます!

これを読めば、あなたも自家現像できるようになります!

では早速見ていきましょー。

1、モノクロフィルム自宅現像 必要な道具

モノクロフィルムを自宅で現像するには、いくつか専用の道具が必要です。

現像に必要な道具はこちらの記事に全てまとめましたので、道具はこちらをご参照ください。

 

2、モノクロフィルム自宅現像 薬品下準び

予め、現像前にフィルム現像に使用する薬品を調整しておくと、現像自体がスムーズに行えます。

現像に関する下準び、薬品調整はこちらの記事をご参考にください。

 

3、モノクロフィルム自宅現像 ダークバック作業内

※この作業は全てダークバックの中で行います。

本記事の為にわざとバック外で作業していますが、必ずこちらの作業はダークバック内で行ってください。

3−1 ダークバック内に必要な道具を全て入れる

まず、以上全ての物を⑧のダークバック内に入れます。

①現像するフィルム

②リール

③現像タンク

④現像タンク内フタ

⑤ハサミ

⑥フィルムピッカー

⑦現像タンク外フタ(これは入れなくていいです。)

3−2 フィルムピッカーでフィルムを開ける

フィルムピッカーでフィルムを開けます。

上下どちらを開けても大丈夫です。

コツは、ビール瓶のフタを開ける、栓抜きの要領と同じです。

フィルムの端は触ってもいいですが、なるべくフィルム表面は触らないようにしましょう。理由は指紋やごみ付着防止の為です。

3−3 フィルムの端をリールに入れ込む

この時、大切なのが1枚目画像①からフィルムの端を入れ込み、

しっかりと②までフィルムの端を入れ込む事です。

しっかり入れ込んだ画像が三枚目になります。

ダークバック内で行うので、慣れが必要です。

私は安いカラーフィルムを練習用として、一本開け最初は見えるところで
練習しました。そうすると、コツがつかめダークバック内で見えないとこでの
作業もスムーズにできるようになりました。

3−4 フィルムをリールに巻き込む

フィルムの巻き込み作業は、リールを画像のように上下運動させれば、自動的に巻き込まれます。

リールはどちらも動かす必要はなく、左手は固定したまま、右手のみを上下させれば、
フィルムの最終まで巻き込まれます。

 

フィルムの最終までリールに巻き込まれたら、画像のようにフィルム最終を切ります。

 

フィルムを巻き込んだリールを現像タンクへ入れます。

しっかり内蓋を閉めて、ダークバックから現像タンクを取り出します。

 

はい、現像タンクさん、外の世界へこんにちは。

内蓋を閉めてしまえば、完全に遮光されます。

では、次に現像工程へ進みます。

4、モノクロフィルム自宅現像 現像工程

予め調整しておいた、薬品を使用する順に並べておけば、作業しやすいです。

左から、D-76の現像液、真ん中、ILFORD FIXER、右が富士QWです。

4−1 フィルムを現像する

現像液は現像液の温度によって、現像時間が異なります。

ですので、現像前に液温を温度計で計りましょう。

 

例えば、夏場などで液温が24℃以上の場合、画像のように現像液の容器を冷水にしばらくつけて、現像液の温度コントロールを私はやっています。

参考までに、よく使用されているフィルムの現像時間を載せておきます。

その他のフィルムについてはこちら、KODAK公式をご参考にください。
https://www.kodakalaris.co.jp/images/TSC0460-D-76.pdf
現像時間(分)
20℃ 21℃ 22℃ 24℃
T-MAX 400 8 7 6 1/4 5 1/2
トライX 400 6 3/4 6 1/4 5 1/2 4 3/4

でわ、現像液の温度調整が終わったら、現像始めますよー

用意はいいですか〜

①現像液をタンクに流し混んで、タイマーをセットします。

 

②タイマーセット後、タンクを数回コンコンと床などに軽く叩きます。
これはタンクの中の気泡を抜く為です。
気泡があるとフィルムに現像ムラができる為です。

③コンコン終わったら、タンクを30秒間静止させます。

 

④最初の30秒経過したら、30秒感覚で5秒間、現像タンクを攪拌します。

攪拌方法は、手首をクルクル回すように、ランダムに攪拌してください。
一定方向への攪拌だと、現像ムラが起こる場合があります。

私は最初の回転が右回りにしたら、次の攪拌を左周りにしています。

⑤タイマーが鳴って、現像時間が終了したら現像タンクの蓋を開け、
現像液を排出します。

廃液は排水口に流さず、ペットボトルにでも排出しましょう。

⑥現像タンクに流水を注いで、1分くらい現像液を洗い流します。

4−2 定着液工程

①予め作っておいた定着液を、現像タンクに流しこむ。

②3分間タイマーで計り、1分おきに攪拌する。

※定着液はフィルム24本まで、繰り返し使えるので、定着液は元のボトルに戻す。
定着液ボトルに正の字など書いて、何回繰り返し使ったか書いておくと便利です。

4−3 予備水洗と水洗い促進剤

①流水で1分程予備推薦をする。

 

②水洗い促進剤を現像タンクに入れ、1分待つ。

 

③水洗い促進剤を排出したら、流水で5分間洗う。

私はこの時、タイマーセットして、流水流しぱなしで、片付けなどの作業しています。
ここは、ほったらかしで大丈夫です。

 

5、フィルムを乾かす

①フィルムをタンクから取り出す。

 

②リールからフィルムを取り出し、カットして干す。

私は大体フィルム10コマずつ切って干しています。

吊るしたフィルムの下に洗濯バサミを挟み、フィルムがくるるんとならないようにします。

6、モノクロフィルム自家現像 ネガをネガアルバムに収納

フィルムが乾いたら、フィルムをカットしてネガシートに収納します。

お疲れ様でした!!

7、モノクロフィルム自家現像 まとめ

いかがでしたか?

ね?意外と簡単にできるのがお分かり頂けたでしょうか。

自家現像の醍醐味は自分で現像して、タンクからリールを取り出し、

フィルムと対面する「あの瞬間」なのです。

私は、写真を撮るのと同じくらい自分で現像するのも好きです。

皆さんにも是非、「あの瞬間」を味わって頂けたらなぁと思います。

皆さんもフィルム現像初めて見ませんか?

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました