【モノクロフィルムを自宅で現像しよう!!】〜道具編〜

フィルム

こんにちは! フィルム写真大好きみにこです。

モノクロフィルムは自宅で自分で現像できるって聞いたんだけど

道具は何が必要? どこで買えるの?

 

こんな疑問に答えます。

モノクロのフィルム現像を自分で自宅でやるの??

と聞いたら、大変そう、難しそうと思う方が大多数だと思います。

でも、実はとても簡単で道具も全てネット、大都市のカメラ屋さんで購入できます。

私は知り合いの写真家さんに、モノクロ自家現像方法を習い、以降モノクロの現像は自分で行っています。

今回は、モノクロフィルムを自宅で現像する際に必要な道具を紹介します。

また、全て現像に必要な専門の道具を揃えなくても、少しでも安価に始めれるよう、100均などで代用可能な物は、安価な物を紹介しますね。

では早速みていきましょう!

1、モノクロフィルム現像メリット

1−1 カメラ屋さんに現像に出すより安価

モノクロフィルムをお店で現像すると、場所にもよりますが大体一本1700~2200円くらいします。

モノクロフィルムの現像を自分で行う場合、道具、薬品、小物など初期費用で20000円くらいかかります。

しかし、単純計算で道具を揃えてモノクロフィルムを10本程、自分で現像すれば元がとれます。

また、初期投資はかかりますが、現像タンクやダークバック(暗室となる物)など、一度購入すれば繰り返し使える物が殆どです。

現像する度に減っていく薬品類のみ、買い足せばいいのでランニングコストは低いです。

1−2 簡単かつ楽しい

このご時世にフィルム、しかもモノクロ写真を撮られている方は、私を含め相当のフィルム写真好きだと思います。

現像から戻って来た写真を見る瞬間は、何度味わってもいいものですよね。

それが、自分で現像できたらどうでしょう?

現像タンクに自分で撮ったフィルムと、薬品を入れるだけで自分の撮った写真がちゃんと
ネガに焼きついているんです!!

私が初めて、教えてもらいながらやった時はドキドキ、ワクワクしながらでした。

タンクから自分で現像したネガを取り出して、見た時の感動は今でも覚えています。

何だかちょっとフィルムオタクとしてレベルアップした気分でした笑

2、モノクロフィルム現像に必要な道具 薬品類

2−1 現像液

 

粉末、液体とあります。

液体の方が作業自体は楽なのですが、私は上記D-76の粉末タイプを使用しています。

液体の場合、保存状態によって化学的に構造上不安定で、粉末より形変しやすいからです。

その点、粉末は密閉での保管で液体より形変しにくいからです。

2−2 定着液

 

私は500mlのILFORD上記の物を使っています。

定着液は繰り返し使えますし、保管も楽なので私はこちらを好んで使っています。

FUJIの大きな3~4Lのもありますが、正直大きすぎます。

定着液は、水銀も入っておりこぼした時の処理が大変です。。

2−3 水洗い促進剤

これも粉末で、全てを水に溶かして2Lになります。

私はいつも半分を測りで計って!Lで使用しています。これもなかなか減りません。

3、モノクロフィルム現像に必要な特別な道具

3−1 ダークバック

 

これが、暗室いらずのマジック! ダークバックです。

遮光性で、この中でフィルムを現像タンクに入れるまでの、作業を行います。

3−2 現像タンクとリール

 

現像タンクはリールが1本用と2本用がありますが、2本用をお勧めします。

理由は、2本用だと一回でフィルム2本の現像作業が行えるからです。

また、1本しか現像しない場合でも1本分のリールが浸かる分の薬品を使用すれば、1本のフィルム現像も可能だからです。大は小を兼ねるです。

3−3 フィルムピッカー

 

パトローネ (フィルムの入ってる容器)を開ける物

3−4 温度計

 

割れにくい、回りがステンレスに覆われてる物をお勧めします。

3−5 薬品保存ボトル 1Lを3本

 

薬品ボトルは遮光性の物を選びましょう。

粉末の現像液を作る際、1L単位くらいで作成し一回の現像に全ては使用しないので、
余った薬品を保存する為に保存容器が必要です。

3−6 フィルム収納ファイル

 

現像したフィルムを収納するファイルです。

4、モノクロフィルム現像に必要な小物 

ここからは100均やホームセンターで代用可能なものです。

・ろうと

・使い捨て手袋

・フィルム吊るすやつ(私は100均の小さめ洗濯物吊るすやつ使ってます)

・洗濯バサミ 吊るしたフィルムがクルるんとならない様におもし

・保護メガネ 100均にあるかな?私はホームセンターで購入しました

・軽量カップ 500ml以上のもの

・ハサミ どこの家庭にもあるか。。

5、モノクロフィルム現像に必要な道具 まとめ

いかがでしたか?

今回は、モノクロフィルムを自分で現像する際に必要な道具の紹介でした。

次回は、実際にモノクロフィルムの現像手順を写真でご紹介しますね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました